思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

欲を言えば 君の声が聞きたいんだ。

志村くんの死を、きちんと受け止めようと思いながら、
やっぱり悲しみのもやもやはぬぐい切れず。

空を見て、歌声を思い出して、笑顔を思い浮かべて、涙する。

ミクシ日記で、前に進まなきゃなって言ったばっかりなのに。
まだ、きちんと受け止めきれていないようです。


いろいろ言いたいことはあるけど、うまく言葉にできないや。

志村くんの声が聞きたい。
あなたのこの先の歌声、もっとたくさん聴きたかったよ。


民生が泣きながら、『茜色の夕日』を歌ってくれたんだよ。
和田くんだって、シムシム聴いてるか?って、『陽炎』歌ってくれたんだよ。
大親友のクボくんも、日記であなたの死を、とても悲しんでた。

みんなみんな、志村くんのことを想ってる。

これから先も、忘れません。

あなたが歌ったように、
「キミに会えた事は キミのいない今日も 
人生でかけがえの無いものでありつづけます」


ありがとう。

ずっとずっと大好きです。

ありがとう。
[PR]
by saya-bon | 2009-12-29 23:40 | フジファブリック