思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ちょうど一ヶ月前・・・

ちょうど一ヶ月前、9月28日のできごとを書きましょう。
たいしたことではないんですが、私にとっては、わりと一大イベントだったもので。

と書くと、大袈裟だけど・・・

ライブにも行けなくなる、動き過ぎたらすぐ腹が痛くなり出血が怖い・・・
と、なんかもう、あの頃はストレスがたまることばっかりで、
妊娠して楽しいことなんてほとんどないやん・・・とやさぐれていた日々。←ものすごく大袈裟

そんな不安な毎日を過ごしながら、
9月28日に、5ヶ月の戌の日を無事に迎えることができました。

戌の日のお祝いとは、お産が軽い犬にあやかって、
5ヶ月目に入った最初の戌の日に、
腹帯を締めて母子の健康を祈願するもの だそうです。


なんていうか、私はそういうのにあまり積極的じゃなくて、
ていうか、どうせ気の持ちようやし、せんならせんでいいんやない?とか思うタイプの人間で。

自分の厄年のお祓いでさえ、めんどくさくてしなかったし、お金もったいないとか思ったし、
お祓いしてもらわなかったことで、厄年で何か悪いことがあったかといえば、
むしろいいことの方が多かったような厄年期間だったし、
やっぱり気の持ちようじゃんねー

なんて、のほほんとしてたものだったんだけど。


腹の子のことを考えたら、何かせずにはいられないというか、
もう神様仏様、誰でもいいから、赤ちゃんを無事に産めるように見守ってて下さい!
てな感じで、安産祈願に行きました。

というのは建前で(いやいや、本気でやりましたよ。)
本当は、安産祈願の御祈祷って、どんな感じでやるのか、
ものすごく興味があったというのが本音です(笑)

だって、こんな機会、滅多にないんですものね。
自分の厄払いだってやらんかったんだから、この機会を逃すものかと。


で、石手寺っていうお寺があるんですが、
そこが子授けや安産で有名ということで、事前に予約して行ってきました。

実家に帰ってたときに、母に買ってもらった腹帯を持って。
・・・腹帯っていっても、どう見たって腹巻きだけど(笑)


私たち以外にも、安産祈願に来る人たちっているんだろうな。とワクワクしてたけど、
なんと、私たち以外、誰もおらんかった・・・
そっか、平日だしね。仏滅やったしね。

なので、貸切で御祈祷してもらいましたよ。

お坊さんと一緒に、なむなむ唱えて、腹帯に”えいえい”って何かやってもらって、
30分もかからないぐらいで、終了。


なんか最初、ちょっとおもしろくて笑いそうになったけど、
ちゃんとまじめにお願いしてきました。


そのあとは、石手寺を散策。
洞窟とか歩いてみたり、ちょっと離れたところになんか荒んだ建物があって、
そこも一応のぞいて、仏様にお参りしたり。
ひなたぼっこしていたネコにちょっかい出そうとして、逃げられたり。

楽しかった。


あ、そしてね。石手寺には、子授け石っていうのがあって、
何も書いていない石を一つ持ち帰って、赤ちゃんが無事に産まれたら、
その石に子どもの名前と生年月日を書いて、別の新しい石と一緒にお供えする
っていう習わしがあるそうです。

というわけで、私も一つ、石を持って帰りました。

何も書いてない石を探す方が大変だったよ。
たくさんたくさん、名前の書いてあった石が敷き詰められていました。
こんなにたくさんの人たちがここにお参りに来て、子どもを授かってきたんだなぁって、
なんかちょっと、感動しました。

私も来年、無事に子を産み落としたら、必ずお礼参りに来よう。



6ヶ月に入って、体調もだいぶ落ち着いてきて(無理すると痛くなったりするけど。)
前みたいに、めちゃくちゃ神経質になって不安になるようなことは減ってきました。

でもね、なんか、ホルモンバランスのせいで、精神的にものすごく不安定で、
何もなくても、なんか悲しくなったりして、涙がぽろぽろこぼれたりするんだよー
とくに大きな理由はないんです。
そういうものなんだそうです。


胎動も、ようやくたぶん、これ胎動だろうなって思えるようになってきました。
でも、まだ半信半疑(笑)
腸がぐるぐる動いとるだけなんじゃなかろうか?と思いながら、
胎動だと信じて、一生懸命なでながら話しかけてます。


そんな感じの日々です。
[PR]
by saya-bon | 2011-10-28 11:37 | 妊娠生活