思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

波風サテライト。

えーと、不定期更新で、あたしの好きな音楽を、
地味に紹介してこうかと、思っております。
紹介っていうか、ほとんど自分のため?
聴いたときの感動や、思ったことを残すために、やろうかと。
ここを見てくれた人は、たまにその音楽を、気に入ってくれると嬉しいです。

まずはこの曲。


♪波風サテライト / シュノーケル

遥かなここから彼方の君へと
あの日々の風とかけらを届けたい
寂しくはないよ いつもここにいる
どこまでも風がつないでる

 + + 省略 + + 

出会いと別れを繰り返してもなお
僕はこんなにも子供のままだ
淡いイメージなんて
道端に放り投げてしまえたらな

次に君に会うときは もつれた糸をほどいて
飽きるまで話をして 出来るだけ笑顔でいよう
華やぐ街並を抜け 朝焼けが頬を染めてく
その先に君は何を 何を見つめているだろう
何を見つめているだろう



こんな感じの歌。

あたしはこの曲を、MCTのライブで初めて聴いただろうか。

えらい爽やかでせつない曲やなーと思った。
なんかもう、疾走感いっぱいで、心地いいんだけど、せつない!みたいな。

インストアライブで、アコースティックな曲調で聴いたときは、
せつなさが増し、くぅ~っと胸が締め付けられた。

CDで聴いたときは、やっぱりあたしのこの感じ、間違いないと確信した。

曲調は、さっきも言ったとおり、疾走感めいっぱい。
だけど、旋律がとてもきゅーっと、ぎゅーっとくるような。
詞がまたね、せつなくて。
主人公の、強さと弱さとダメっぷりみたいな、グルグルの感情が、盛り沢山。

爽やかな曲のせいで、何度も何度も聴いてしまうけど、
その間、ずっと、胸がぎゅーっと締め付けられてます^^;

青春というか、甘酸っぱいというか、そういうのを思い出す。
でも、その昔純粋だった頃にこの曲を聴いても、たぶんスルーしてた。
この年になったから、逆にすごく共感できるのかもしれない。

歌い手の西村くんが、素朴な若人だから、
ある意味、せつなくなるのかもしれん。。。

ホント、フツーの好青年だもんね。
近所にいるお兄さん的オーラがあるもの。
相談しやすい友人的オーラもあるし。
いいひと。な感じいっぱいだもん。
ああ、西村くんゴメン・・・(><)

そんなフツーな彼だけど、めちゃくちゃいい声してるなーと思う。
せつなげな声ランキング上位やね。
他の人はどうか知らん、あたしの中で。のみ!

シュノの音楽は、せつなさだけじゃなくて、ひねくれたのもあるので、
また今度、ブログします。
[PR]
by saya-bon | 2006-01-06 23:38 | シュノーケル