思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お葬式。

えっと。
ゲンのことでは、みなさまにあたたかい言葉をかけていただき、
とても救われました。
ありがとうございました。

大丈夫。元気ですので。
めそめそばかり、してられません。
しっかり笑って過ごしてますので、安心して下さいね。

ちゃんと、連休中は、忙しく楽しく過ごしました。
・・・不謹慎なヤツめ。とかって思わないでね(^^;


さすがに、ゲンがいなくなった当日は、本当にどうしていいか分からんで。

朝から思いっきり泣いて、目を腫らしたまま仕事に行って、
目が腫れてるよ、と不思議そうに聞かれたりもし。

仕事中も、油断すると涙が勝手に溢れてきて、
それを目撃した他のスタッフが、何事か?!と、ものすごく怪訝そうな顔して、
こっちを見つめてきたりと、かなり困ってしまいました。

その日の夕方、友達とご飯食べに行く予定だったけど、
もうそんな気分ではなくって、申し訳なかったけど、お断りしました。

家に帰って、小屋にゲンがいないのを見て、また悲しくなって泣いて、
おばあちゃんとゲンのことを話してたら、お互い悲しくなって、また泣いて、
お風呂でも、号泣して。
いやー、正直おじいちゃんのときより、涙いっぱい流したかもしれん。
・・・ま、それは言いすぎやけどさ。

でも、おばあちゃんも、「おじいちゃんのときより、悲しか・・・」と呟いてました・・・

昨日の朝、お父さんに、庭に穴を掘ってもらって、
ゲンを埋めてもらいました。
そして、家族みんなで、お葬式をしました。

ゲンは、とても人懐こい性格で、笑顔がとてもかわいくて、
そのくせ、みんなに注目されると、恥ずかしがってそっぽを向いたりして、
照れ屋さんでもありました。
そして、歴代の犬に比べても、とても頭のいい犬でした。
「おはよう」って挨拶すると、ちゃんと「あ~う」と、挨拶できる子でした。
お座りやお手、おかわりも上手にできたし、
おあずけも、きちんと待って、他の人が「よし」と言っても、
絶対に食べない、律儀な子でした。

ゲン、キミと暮らした毎日は、とても楽しくて、
家族みんなが癒されました。
うちに来てくれて、本当にありがとう。
家族になってくれて、ありがとう。ずっとずっと、忘れないからね。
[PR]
by saya-bon | 2007-04-30 23:37 | 思うコトなどを。