思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:映画のはなし。( 35 )

毎日かあさん。

映画を観てきました。
『毎日かあさん』


昨年?おととし?『女の子ものがたり』を観に行ったか観に行く前か、
その頃から、「西原さんの作品、おもしろいから読んでみなよ」
と、方々から勧められていたのですが。

読もうと思えば、すぐに読めるところにあるもので、
いつでも読めるから、また今度でいいやー
と、ずるずる今日に至ります。

なので、原作も読まずに映画を観に行きました。
すごくいい映画でした。

前半は、くすっと笑える場面がいくつもあって、へらへら笑いながら観てたけど、
徐々にそういうわけにもいかなくなって、
しまいには、エンドロールが終わったあとも、しばらく涙が止まらなかったです。

キョンキョンのおかあさん、迫力があってよかったなぁ。
本当におかあさんしてるみたいだった。
強いだけじゃなくて、優しさもたくさん溢れてて、
全然完璧じゃなくて、それでもちゃんと、毎日かあさんしてて。

永瀬正敏の、ダメな男だけど憎めないお父さんも、すごくよかったな。

そして、子どもたちのなんとかわいいこと。

思い出すと、ほんわかせつない気持ちになって、
映画のいろんなシーンがよみがえって、油断すると涙がこぼれそうです。


家族っていいなって思いました。
いいことばかりじゃなくて、嫌になってしまうことの方が多いんだろう。
だけど、一緒に笑ったり泣いたり、本気で喧嘩したり、
帰る場所があるっていいなぁって思いました。
そしてそれはきっと、おかあさんが、ちゃんとおかあさんしてるからなんだろうな。

やっぱり世のお母さんたちは、すごくてえらい。
尊敬します。


最後にもうひとつ。
西原かあさんのお友達の子育て目標が、
「一人も死なせないこと」っていうのが、ステキだなって思いました。
[PR]
by saya-bon | 2011-02-21 14:17 | 映画のはなし。

ゴールデンスランバー。

昨日、仕事が終わってから、観てきました。

時間ギリギリだったけど、がんばったら間に合うかなぁ?
って、雨降りの中がんばって運転したら、間に合ってしまいました。

なんか、いつもこういうギリギリのとこ渡ってきてるような気がする(笑)


仕事が終わってすぐだったので、腹ペコだったけど、それどこじゃなく、
映画の中にグイグイ入り込んでいきました。


おもしろかったです。


これから観に行かれる方もいらっしゃると思うので、
詳しいことは書かないけど。

堺さん、やっぱりステキですよね
あのとぼけた感じとか、いいよね

竹内裕子の短い髪型もかわいかった

そして、音楽が斉藤和義さんていうのが、個人的にはとても楽しみで。
満足です。

青柳の逃亡シーンで流れてた、青柳逃亡のテーマ。
ライブでも聴いたんだよねーって、映画に集中しつつ、
演奏してる姿を頭の隅っこで思い出して、ニヤっとしたり。

ああでも・・・
言えないけど、言えないけど・・・
最後はわたし、納得できないー

あんなの悲しすぎるよ。

生きててなんぼ ですけども。
やるせない気持ちでいっぱいです。

家に帰って、映画の内容を振り返ってみても、
やっぱりどうしようもない気持ちになって、泣いてしまいました。


でも、映画はおもしろかったです。
ところどころ、笑える場面もあったり、ほっこりする場面もあったり、
最初からドキドキで、私は好きな映画です。


いろいろ、それはありえんだろーってとこは、いっぱいあるんですけどね(笑)

原作も読みたいです。
原作はもっと、ドキドキハラハラできるんだろうな。
[PR]
by saya-bon | 2010-02-11 16:33 | 映画のはなし。

サヨナライツカ。

観てきました。

本当は、『ゴールデンスランバー』を観に行ったんだけど、
『サヨナライツカ』の上映時間にぴったりに着いちゃったので、
せっかくだから、観ました。


感想。

ミポリンのプロモーション映画みたいだなーって。
それが一番最初に思った感想です。

とてもきれいな映像で、ミポリンがとても美しくて。


だけど、映画は・・・ごめんなさい。満足はできなかったぞー

なんて言ったらいいか分からないけど、いろいろと、うすいなーって思いました。

ん?んんん?って、疑問符がいっぱいな感じで(笑)


けど、最後の西島さんの「愛してる」の場面は、ちょっとほろっとしたけどね(笑)
だって西島さん、かっこいいからー

ただ、現実的に、こんな男はちょっと嫌かなぁ。
だって、ただの優柔不断な男だもの。


まあね、好きとか嫌いとかって、
頭では分かっていても、どうにもならないことも、あるとは思う。

だけど、なんていうか・・・この映画の中の男は、いかんと思うよ。
結局、どっちの女性のことも、幸せにできなかったじゃないの。

好きなら、結婚する前だったんだから、
婚約者とは別れて、好きな人とくっつけばよかっただけの話。




映画を観たあと、真っ先に思ったこと。
私は、大好きな人とは、ずっと一緒にいたい。
最期まで、ずっと。
絶対に、ハナレバナレなんかにはなりたくない。

そう思いました。





ゴールデンスランバーは、今度の水曜日に、観に行けたらと思います。
仕事はやく終われー
[PR]
by saya-bon | 2010-02-07 02:13 | 映画のはなし。

おくりびと。

テレビであってました。
観ました。

いろいろ考えてしまうよね。


人は必ず死ぬんだよね。

あたしは、大好きな人が自分よりはやく死んでしまったら、
堪えられるのだろうか。

あたしが、大好きな人よりはやく死んでしまったら、
大好きな人は、涙を流してくれるだろうか。




あたしは今、大好きな人の中で、ちゃんと存在しているのだろうか。

今日はちょっと・・・自信がないや(笑)



とりあえず、もっくんはとてもかっこよく、
広末はとてもかわいかった。
[PR]
by saya-bon | 2009-09-21 23:30 | 映画のはなし。

南極料理人。

こないだのお休み、映画を観に行きました。

『南極料理人』
公式サイトはこちら


大好きなユニコーンの阿部さんが音楽を担当してて、
主題歌がユニコーン!!

映画館で聞いてみたいじゃない。
スクリーンでユニコーンの文字、見たいじゃない。


いやー、感動しましたよ!
なんか、ジーンとしました。
なのに、みんな、なんで最後まで聞かずに出て行く?!(笑)




出演者も、好きな人がいっぱい出てて、堺さんとか豊原さんとか。



クスっと笑える、ほのぼのとした、楽しい映画でした。

おいしいご飯がいっぱい出てきて、
おなかが空いてるときに見たらダメですよー(笑)


伊勢海老のエビフライとか、ラーメンとか。
すごいんだから。

ああいうふうに、みんなにガツガツと食べてもらえる料理、
作れるようになりたいです。

でも、「おいしい」とか「ごちそうさま」とか、誰も言わんのよね(^^;



最後の方、堺さんが割烹着姿だったのが、
お母さんて感じでかわいかった。


次は、『プール』が見たいです。
加瀬さーん♪
でも、福岡まで行くのはちょっとめんどいなぁ・・・
[PR]
by saya-bon | 2009-09-08 00:03 | 映画のはなし。

女の子ものがたり。

昨日のデートで、映画を見てきました。
e0018024_22547100.jpg


『女の子ものがたり』
公式サイトはこちら

南極料理人とどっちを見ようか迷ったけど、時間的に都合のよかったこっちに決定。



深津絵里が、とてもかわいらしかったです。

でも、かわいいだけのおはなしではありませんでした よ。

どっちかというと、せつなくて痛々しくて、いっぱい考えさせられる、
重たいテーマの内容だなぁって思いました。

だけど、風景とか色が、とてもカラフルで鮮やかで、
そして、空気が、とってもあったかかったです。

音楽を、おおはた雄一さんが担当してて、音楽もすごく優しかった。
主題歌の持田香織さんの声が、とても優しくて、
映画の最中、ずっと泣いていたけれど、
エンドロールでも、涙が止まらずうるうるでした。



お母さんの「友達は選ばんといけんよ」とか、
なっちゃんの「知ろうとしないことは恥ずかしいことなんだよ」とか、
きいちゃんの「うちは不幸やなんて思てへんよ」とか、

胸にズシってくるセリフがたくさんでした。


最初から、映画の空気に飲み込まれて、うるうるしてたけど、
ケンカのシーンとか、きいちゃんの優しさとか、もうもう・・・
痛々しいけど、痛いだけじゃなくて、優しい気持ちにもちゃんとなれて。

思い出すと、またジーンとしてうるうる(笑)


ホントの友達って何?とか、ホントの幸せって何?って、
いろいろと考えてしまうおはなしでした。



あんまりぐすぐす言ってたから、相方さんうるさくなかったかな(^^;
てうか、相方さんに、「泣いた?」ってたずねたら、泣いたらしい(笑)

泣き顔、見たかったなぁって言ったら、
「自分、それどこじゃなかったやん(笑)」て笑われました。うん、確かに。

最後、涙だけじゃなく、鼻水もすごかったし(笑)

なんかでも、感動するとこが一緒で、嬉しかったです。


またいつか、映画デートしたいなぁ。
[PR]
by saya-bon | 2009-08-31 22:54 | 映画のはなし。

私は貝になりたい。

お正月も三日目。
昨日は一日、家でゴロゴロ、だらだらと過ごしていたので、
今日は出かけてきました。

両親が映画に行くと言っていたので、それに便乗しました。


さすがお正月だね。
映画館、ものすごくたくさんの人で、大混雑してました。

子どもちゃん連れも多くて、あちこちで、
ポップコーンやジュースをひっくり返してて、
もうてんやわんや(^^;

お掃除のおばちゃん、大変ですね。御苦労さまです。。。って感じでした。



さて、映画は何を見てきたかといいますと。
私は貝になりたい』を見てきました。

コレが絶対見たいっていうことではなく・・・←失礼(^^;
他に見たいものがなかったし・・・

お父さんとお母さんにも、分かりやすい映画の方がいいのかなって思って。


昔の映画は見たことないけど、話はとても有名ですよね。
そして、所さんが主役で、ドラマがあった?それは見たような気がする。
内容は知ってたし。

いろいろと、世間では賛否両論な映画みたいですが。
あたしは、見てよかったなぁと思いました。 
ま、絶対映画館でってこともないと思うけど(笑)

最初、中居くんの演技が、なんとなく軽いなぁって思って見てたけど、
そこは単純なあたくし。最後はしっかり、見入ってしまってました。


まあ、納得いかないというか、腑に落ちないところもあるにはありますが。

結局、号泣しちゃったし。


終わったあともね、中居くんの、最後のぽつりぽつりとしたセリフがね、
頭から離れなくて、気づいたら、うるうる・・・


じわじわきます。



いろいろ考えちゃいますね、この手の映画を見ると。。。

草彅くんのセリフで、
「いやな時代に生まれて、いやなことをしたものです」
というセリフがあったんだけど、
なんだかとても、せつなくなりました。

当時の人たちは、自分の心なんて持ってはだめで、
お国のためにと、やりたくないことをやって、
それでも、それが正しいと思ってた。

今となっては、なんておかしなはなしって思うけど。
それが当たり前だったんだよね。
そして、そういう時代があったから、今があるんだよね。


今のこの生活を、けして当たり前と思わないで、
生きていられるだけでありがたいことなんだよって思ったら、
少しは、つらいことも、つらくなくなるのかなぁ?

・・・あたしはまだまだ、心が弱い人間なので、それは無理かもしれない(^^;

でも、つらいことを、つらいつらいって悔やんだところで、何も変わらないし。

やっぱり、強くなるしかないんだなぁ。。。



だめだ。
こういう、ハッピーエンドじゃない映画を見ると、いろいろと考えちゃって、
だんだんと深みにハマってしまう(苦笑)

いえ、見てよかったんです。見てよかったんだけど・・・
明日で休みが終わりだから、余計にいろいろと考えちゃうんだなぁ。

現実が、すぐそこまで来てる・・・いーやーだー

誰か、この深みから、あたしを引っぱり出して下さい(笑)
[PR]
by saya-bon | 2009-01-03 20:33 | 映画のはなし。
・・・なんつうタイトル(笑)


えーっと。いつのことだか、思い出せませんが。
たぶん、9月の終わりぐらいだったと思います。

9月は、一回だけ料理作りに行きました。

メニューは、「おふくろの味の基本を学ぶ」というテーマで、

鯖の味噌煮
茶碗蒸し
ごま和え2種
(さやいんげんを黒ごまで和えたもの と、まいたけを白ごまで和えたもの)

e0018024_004231.jpg


あたし、じつはさば味噌、そんな好きでもないんですよねー
でも、茶碗蒸しは大好きなんですよねー

おいしかったです。
かなりおなかいっぱいになりました。

ポイントは、
切り込みを入れる。
湯通し(霜降り)をする。
鯖の下処理をしっかりね ってことでしょうか。


おなかいっぱいになったあと、映画を見に行きました。
『デトロイト・メタル・シティ』

原作も読んだことないし、松ケンがめっちゃ好きってわけでもないけど、
劇中で流れる曲とかねぇ、懐かしいなぁと思ってて。

ていうか、時間的にこれが一番ちょうどよかったっていう(笑)


原作を知らないから、単純に楽しめました。
おもしろかった~。いっぱい笑った。

松山くんが、とても好きになりました。
かわいすぎる!!

カジヒデキが歌ってて、まあ懐かしい!
フリッパーズの曲が流れたりして、あー懐かしい。

そして、松雪泰子、かなりよかったです。
いやー、かっこよすぎ。
彼女の高笑い、久しぶりに聞きました。好きです。
白鳥麗子とか、思い出したんだけど(笑)

そして、お母さんとのシーンは、泣けました。
ていうか、この映画で涙を流すとは思ってもみなかったです。
感動しました。


すごいねー、松山くん。
クラウザーさんと根岸くんを見事に演じ分けてて。
クラウザーさんの格好でくねくねしてたのが、おもしろかった。
牛を呼ぶときに、あの格好で「べーべー」って(笑)
ツボにハマって、どうしようかと思いました。

大倉さんの熱狂的なファンっぷりも、とてもよかったです。

エンドロールで、アイゴンの名前もちゃんと見つけて、にやり。


そんなこんなで、楽しい時間を過ごしました。
そして次の日、風邪ひいて寝込んだんやった・・・。

そうだったそうだった。
[PR]
by saya-bon | 2008-10-07 00:01 | 映画のはなし。

アンフェア。

久々に、映画の感想。

こないだ、テレビであってましたね。

『アンフェア the movie』


ドラマがすごく好きだったので、映画も公開されたときには、
すごく観に行きたかったんですが。。。

時間の都合がつかず、結局観に行けないまま、テレビで放送されました。


うん。
映画、観に行かなくてよかった。

というのが、素直な感想(笑)


うーん・・・ドラマがおもしろかっただけに、残念。

なんか、話が雑っていうか。
ドキドキ・ハラハラ感がなかったっていうか。

むりやりな感じがして、あんまりおもしろくなかった。。。


篠原涼子はかっこよかったです。


あー、それにしてもなぁ。
サダヲさんの出番がたったあれだけだったっていうのが、
なんともせつない・・・(笑)
[PR]
by saya-bon | 2008-04-14 23:27 | 映画のはなし。

めがね。

まず、昨日の話から。
昨日、仕事が終わってから、友達とご飯を食べに行きました。

すごくお腹が空いていたので、食べ放題で、お鍋を食べました。

めちゃくちゃ食べた。
最後はもう、「ごめんなさい。もう食べられないよ~。。。」と、敗北宣言(笑)

ホント、最後の方はバツゲームな感じだっため、食べ終わったあとの感想も、
「おいしかったねぇ」ではなく、「おもしろかったねぇ」だったのに、うけた。

笑いいっぱい、楽しい夕食になりました。
でも、鍋はしばらく勘弁(苦笑)



ご飯の前に、ふらっとドラッグストアに立ち寄って、
コスメコーナーでひとしきり遊ぶ。

かわいいアイカラーを見つけて、思わず購入。

それをどうしても使いたくて、今日はどこに出かける予定もなかったけど、
お化粧してみた。


せっかく化粧をしたのなら、どこかに出かけてみようか。
と、映画を観に行くことにしました。


椿さんもいいけど、三丁目の人たちにも会いたかったけど。

見たかった『めがね』が、期間延長で、まだ公開されてる!!

迷わず、決定。



というわけで、『めがね』。観てきました。←前置き、長い・・・


あらすじは、リンクしてるので、そちらをどうぞ。

癒されました。

派手な場面は一つもなく、むしろ、とても淡々としていて。
登場人物も少なく、セリフも多くなく。
盛り上がるシーンなんて、まったくなかった。

まあ、しいて言うなら、加瀬さんが出てきた場面が、
一番の盛り上がりどころだったかな?(笑)←超個人的

だけど、そのゆったりと流れる時間がね、よかったんですよ。
ゆったりしすぎて、眠ってしまいそうになったことが数回(笑)

流れる音楽も、心地よくてね。
エンディングの、大貫妙子さんの歌声にも癒されました。


朝食のシーン、みんなでバーベキューするシーン、
かき氷を食べるシーン、エビ食べながらビール飲むシーン。

とてもおいしそうでした(笑)


映画に出てた俳優さんたち、みんな好きなんだけど。
とにかく、もたいさんステキ。

もたいさんのメルシー体操を踊ってる姿、とても愛らしくて、
一緒に踊りたくなりました。


「大切なのは、焦らないこと」
という、もたいさんのセリフがよかったです。


映画を観終わって、なんだかすごく、たそがれたくなりました。
そんな映画です。

でもきっと、好き嫌いの分かれる映画だと思いますよ。
だって、エンターテインメント性は全くないもの(笑)



映画館が、これまた古めかしくて、とてもよかったです。
昔ながらの映画館。

まず、チケットくれる人が、おひげを生やした初老のおじさんで。
とても暇そうで(笑)
それがとても、ツボだった。

ロビーもね、ホント古い感じで、うっすら寒い(笑)

とにかく、人が少ない。
あたしが観た時間は、あたしを含めて3組だったよ。
人数にして、5人(笑)

日曜なのに。

まあ、上映されてる映画が、『めがね』と『恋するトマト』だけなので、
そりゃあ少ないよね、人。

ふふふ。まったりするには最高の環境でした。

しかもね、ここの映画館、いつでも1000円で観れるっぽい。
いいね、いいね。

気に入りました。


いいお休みになりました。よかった。
[PR]
by saya-bon | 2008-01-14 00:09 | 映画のはなし。