思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

とける。

フジQから一週間経って、昨日は地元福岡での夏フェス、
HIGHER GROUNDに参加してきました。

ユニコーンに会いに行ってきました。

あっというまに終わっちゃいました。

やっぱユニコーンのライブは楽しいなぁ。
おっさんになっても、少年みたいに無邪気で。
でも、やっぱおっさんやったよなぁ。


楽しみにしてたことが終わってしまって。
今日は昨日の疲れもあってか、すっかりとけてしまってました。

ほえ~って感じで、無駄に時間が過ぎていってしまった・・・


明日から、また普通の毎日が始まってしまうなぁ。

職場にユニコーンとか来たら、一気にテンション上がるんだけどなぁ。
[PR]
by saya-bon | 2010-07-25 19:47 | 思うコトなどを。
って、志村くんは歌ってるけど。

私は季節が巡っても絶対に絶対に忘れたくないから、
フジQが終わったあと、ずっとずっと、フジファブリックの曲を聴いています。

フジQ行く前は、ちっとも聴けなかったし、映像も見れなかったのにね。
ヘンなのー


終わってしまいました。
とてもステキなイベントでした。

とてもいいイベントだったけど。
志村くんはもういないんだなぁって、実感したといいますか。

いろんな感情が渦巻いて、最初から最後まで、泣きまくりでした。
でも、ちゃんと笑いもいっぱいあってね、楽しかったんだよ。


フジファブリックが縁で知り合った、みほ亭さんや、jupiterさんにもお会いできて。
思い切って、このイベントに参加してよかったなぁって思います。

一緒に行ってくれた相方さんも、ありがとう。


感想は、また後日、いつか必ず。
[PR]
by saya-bon | 2010-07-21 23:27 | フジファブリック
6月26日(土)、LOVE PSYCHEDELICOのライブに行ってきました。
デリコは、めっちゃ好き!!っていうほど思い入れがあるわけでもないけど、
CDを一枚持ってました。

相方さんが好きらしくって、ライブ行くっていうから、
じゃあ私も一緒に行くー♪って、福岡初日の分を、チケットとってもらいました。
どうもありがとう!!


当日は、やっぱり雨でした。
いろんな人がいました。
若い人もいれば、中年の方もいらっしゃって、けっこうさまざまなファンが多いのね
っていう印象。

中に入ると、まだまだ余裕で前の方に行けちゃって、
ナオキくん側2列目あたりに陣取りました。
遠い近いは関係ないって思いながらも、近いと、やっぱり近い方がいいよね!
って、思わずニヤリとしちゃったりして。あー欲深い女(笑)

一人で一時間の待ち時間は退屈だけど、
相方さんと一緒なので、それもまた楽しい時間。


デリコのことは、何も知らないので、さらっと感想を書きます。

いただきもののセットリストです。ありがとうございます。

Shadow behind
I saw you in the rainbow
Beautiful days
Carnation
Secret crush
Here I am
LOW
Abbot Kinney
Your song
Green
dry town
Hit the road
waltz
Have you ever seen the rain?
This way
Bring down the orion

Last smile

Freedom
Everybody needs somebody
LADY MADONNA ~憂鬱なるスパイダー~


相方さんにもらった最新のアルバムと、あとセールで安く買った昔のベストと、
自分で持ってたCDを、さらっと聴いたぐらいで、まったく予習してなかったけど。

とても楽しいライブでした。

初日ならではの緊張感みたいなものも伝わってきたけど、
なんかみんな、それすらもすごく楽しんでるように見えたよ。


テレビで見てた2人が、すぐ目の前にいて、そこで楽しそうにライブしてて。
本当に実在しとったんやなぁ。

KUMIちゃん、かっこいい。かわいい。
歌うまーい!!

結婚おめでとう!っていう声に、照れてた様子がまたかわいかったです。
ていうか、結婚したってこのとき初めて知りました。


ナオキくんも、ギター楽しそうに弾いてて、笑顔がステキー
ビールをおいしそうに飲む姿が、よかった。
飲みかけのビールを、一番前の兄ちゃんに渡してた。
うー、、、私も飲みたかったー!
(ビール最初のひとくち目は、おいしく飲めるようになったのよ)


初めてのライブだったので、他のお客さんたちの様子を見るのも楽しくて。
たまに後ろとか見たりして、みんなの笑顔を見て、にんまりして。

ゆらゆら揺れながら歌ってるKUMIちゃんを見ながら、
私も同じように揺れてみたりして。

心地よく、楽しい時間を過ごせました。


LOVE PSYCHEDELICOのみなさま、ステキなライブ、ありがとうございました。
[PR]
by saya-bon | 2010-07-12 00:17 | 音楽アレコレ。
ライブ感想文が、あっというまにたまってしまった。
書こう書こうと思いつつ、仕事や何やらで忙しくて、放っておいたらば。

今週末は、もう、フジファブリック主催のイベントがあるのでした。
はやい。はやすぎる。

これに行く前に、仕上げておきたい。だから、がんばる。


6月25日(金)、小沢健二のライブに行ってきました。
ツアーファイナルです!!!

待ちに待った、オザケンですよー!!

学生時代に、よく聴いてたんです。
よく聴いてたといいつつ、
CDは『犬は吠えるがキャラバンは進む』と、『LIFE』しか持ってないけど(笑)
小沢くんと小山田くん、よく聴いてました。

そんな青春時代にお世話になった小沢くんが、
十数年ぶり(何年ぶりか忘れた・・・)にライブツアーをやるっていうじゃない。
わたし、テレビやCDでは何度も聴いていたけれど、
ライブに行ったことないじゃない。

だから、嬉しくて嬉しくて。

チケットとれるかどうか分からなかったから、
わざわざキョードーの携帯有料サイトの会員になって、とりました。

とったところが、サンパレスの3階席、後ろから2列目・・・
見えないじゃない!!(笑)

一瞬、すごくがっかりしたけど。
こういうライブ、行けるだけで幸せだよーって思いなおして。
(実際、チケットはずれちゃった人もたくさんいたみたいなので)

この日が待ち遠しくて待ち遠しくて、たまらなかったです。

初めて行くライブって、いつもドキドキワクワクがすごいんですけど。
小沢くんのライブは、いつも以上にトキメキ度がすごかったです。

だって、だって、王子様だからねー(笑)


当日は、梅雨真っ盛りのせいで、雨降りで大変でした。
・・・けして、私の雨女っぷりが発揮されたわけじゃない、よ

浴衣着てらっしゃる人や、オシャレさんがたくさんいました。
で、意外だったのが、男子ファンもけっこういたってこと。
カップルさんもいたけど、男子一人っていう人もけっこういて、
そっか、男子ファンもちゃんといたんだなぁってびっくり。
(ちなみに、私の相方さんも小沢くん好きです。)


前置き長くなりました。

3階席から見るステージは、やっぱり遠かった。
オペラグラスを持って行ってたけど、安物のおもちゃみたいなやつだったので、
あまり役には立たず・・・

でも、そんなのはどうでもいいくらい、すごくすごくステキなライブでした。


先に、セットリストをあげておきます。

流れ星ビバップ
ぼくらが旅に出る理由
天使たちのシーン
苺が染まる(新曲)
ローラースケート・パーク
東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディーブロー
ローラースケート・パーク
ラブリー(練習)
カローラⅡにのって
痛快ウキウキ通り
天気読み
戦場のボーイズライフ
強い気持ち強い愛
今夜はブギー・バック
夢が夢なら
麝香
シッカショ節(二回)
さよならなんて云えないよ
ドアをノックするのは誰だ?
ある光(弾き語りでちょっとだけ)
時間軸を曲げて(新曲)
ラブリー
流星ビバップ

いちょう並木のセレナーデ
愛し愛されて生きるのさ
苺が染まる



みんなのドキドキワクワクが、会場中いっぱいになって、始まる前からすごかった。

客電が消えて、真っ暗闇の中で、ライブスタート。
『流れ星ビバップ』

真っ暗で、ステージも何もかも見えなくて、
聞こえるのは音楽とみんなの歓声のみ。

みんなどんなふうに盛り上がってるのか、立ってるのか座ってるのか、
まったく分からなかったけど、みんなの嬉しそうな空気は伝わってきて。

しょっぱなからもちろん感動。

曲が終わったあと、小沢くんが何かを朗読し始めて、みんな一生懸命聞き入る。
そして、二曲目。
『ぼくらが旅に出る理由』

二曲目にして、ボロボロと号泣。
大好きな曲を、小沢くんがそこ(遠かったけど。笑)に立って歌ってる、その感動と、
曲の良さを改めて感じて、涙があふれてしょうがなかったです。

曲と曲の間に、小沢くんの朗読が挟まって、なんか普通のライブとは違って、
独特な空気だったなぁ。

遠くからだったので、表情とかははっきりとは見えないけど、
そうね、長い年月が経ったんだなぁっていうのは分かったよ。
小沢くんもいい年になったんだなぁと(笑)

けど、あいかわらずすらーっとひょろーっとした感じで、
笑った感じ(ちゃんとは見えなかったけど、なんとなくわかる)はそのままで、
何より、歌声が意外にもしっかりしてて、ブランクとか感じなかったです。
むしろ、うまくなった??みたいな(笑)


セトリを見ても分かるとおり、昔これでもかっていうほど聴いた曲が、
次から次に演奏されて、会場全体がもう、ワーキャーすごかったし、
その一体感っていったら、ものすごかったです。

懐かしい曲がたくさんだったけど、全然懐かしい感じはしなくて、
今聴いても、十分新鮮で。
なんかとっても幸せな気持ちでいっぱい。


『カローラⅡに乗って』とか、まさかやると思わなくてびっくり!!

当時、『天気読み』がとても好きで、相当聴いてたので、
これまた聴けて、かなり嬉しかったです。

あと、『ラブリー』のイントロが流れたときに、
会場のテンションがものすごかったんやけど、
「みんなこれを一番聴きたいだろうけど、あと一時間後にやりまーす」って、
練習のみ行われて、なんかおもしろかった。
練習っていうのは、英語で歌うところを日本語に置き換えて・・・っていう、
まあ、いろいろ説明するのめんどくさいので、割愛させていただきます。

一時間後の『ラブリー』の盛り上がりは、想像するまでもないですね。
すごかったよー。ものすごかったよー。

順番ごちゃごちゃだけど、『今夜はブギー・バック』のときに、
なんとなんと!
スチャダラパーが登場!!!

なんとく、出るかな出るかなーって予想はしてたけど、
本当に出てきて、大興奮。
「うわー!!ぎゃー!!」ってみんなすごかった(笑)

みんなそして、ラップのところも抜群にうまいんです。
何にしてもそうだけど、歌詞しっかり覚えて、大合唱できちゃうんだからー
小沢ファン、恐るべし。

スチャダラさんたち、おしゃべりがとても楽しくて。
小沢くんともとっても仲良しみたいで、いい感じでMCしてくれましたよ。
小沢くんがうまく伝えきれないこととか、うまいことまとめてくれたしね(笑)


新曲の『苺が染まる』は、一番最後にも演奏してくれて、
二回も聴けました。

あと、『シッカショ節』は独特で、日本民謡っぽい感じで。
小沢くん、「近所のお祭りなんかで、ぜひ使って下さい」ってアピールしてた。
音源化してくれるのかなぁ(笑)

そう、この曲が終わったあと、スタッフさんのサプライズで、上から提灯が下りてきたんです。
お祭りのときに下がってる、提灯ね。
小沢くん、すごくびっくりして喜んで、「これは、もう一回やれってこと?だよね?」
って言って、もう一回やってくれました。


演奏してる人たちも、スカパラホーンズとか小暮さんとか沖さんとか、
あと真城ねえさんとか、好きな人ばっかりで、嬉しかったです。

アンコールのあと、メンバー紹介とかあって、
何人かおしゃべりしてくれたんやけど、北原さんが、
「久しぶりにこうやって会えて、一緒にライブができたのも、
みんなそれぞれ、音楽を続けていたから。続けていたからこそ・・・」
って、すごくいいこと言ったんです。

その言葉を聞いて、本当にそうだなぁって感動しました。
誰か一人でも続けるのをやめていたら、このステージはなかっただろうし。
(青木さんがいないのは、本当に残念だけど・・・)
私だって、いろんな音楽を聴き続けていたから、こうやって小沢くんのライブにも出会えたし。
何より、小沢くんが音楽をやめないでいて、よかったなぁと。

これから先、またライブをやってくれるかどうかは分からないけど。
曲だってどれくらい作るのか、世に出してくれるのかは分からないけど。

なんかまた、すごいことをやってくれそうな気がします。
そうであってほしい。


もっともっと、あのときの感動を伝えたいけど、うまいこと文章にできないので、
これで終わります。

そうそう、ライブはなんと、3時間半ぐらいありました。
すごかったー


すごくすごく、幸せいっぱいで、なんて言っていいか分からないくらい、
いいライブでした。

小沢くん、ステキなライブ、ありがとうございました。
[PR]
by saya-bon | 2010-07-11 16:52 | 音楽アレコレ。

そろそろちゃんと、

フジファブリックから目を逸らさないようにしたい と思います。

来週は、とうとうフジQですから。


今日、フジファブリックの『FAB BOX』を購入しました。
相方さんが買っていたので、私はもう買わないでおこうかな、なんて思ったけど。
来週に向けて、ちゃんとしとこう(何を?笑)なんて思っちゃって。

じつは、志村くんがいなくなってから、フジファブリックの音楽を、歌ってる映像を、
まともに耳にしてないし、見てもいないのです。

なんだかね、泣けてきちゃって。
反射的に、涙が出てしまって、ずっとずっとダメだったのです。

それじゃでも、ダメだなぁって思って、今日はリハビリも兼ねて、
タワレコで、Bank Bandのカバーアルバムに入ってる『若者のすべて』を、
試聴してみました。

桜井さんの歌声が、とても優しくて、それだけでウルウルだったよ。

その横に、赤富士通信があって、その中に桜井さんのコメントがあったんだけど。
なんかそれを読んでも、ウルウル。

桜井さんに、「悔しい」と思わせるって、なんかすごいなって。
誇らしくもあり、せつなくもあり、悲しくもあり。
だってね、
もっともっと、すごい曲作っていくはずだったのに、
もうそういうの、聴けないんだなぁって。
あらためて思っちゃって、はぁぁって、深い深いため息がひとつ。


志村くんがいなくなってからも、他のアーティストさんの音楽いっぱい聴いてるけど、
新しい曲を耳にするたびに、これいいなって思うたびに、
志村くんの新しい曲は、もう聴けないんだなって、
心のすみっこで、悲しい気持ちがよぎります。
おおげさでなく、本当に、よぎります。


あー、なんか、なんだかな。
どうしたら、ちゃんと消化・・・というか、受け止めることができるんだろうね。

とにもかくにも、来週のライブは、すごくすごく楽しみです。
[PR]
by saya-bon | 2010-07-06 22:12 | フジファブリック

女の勘。

女子の勘というものは、ときに恐ろしいくらい、鋭い。
そして、私。
自分で言うのもなんだけど、
そういう勘て、めちゃくちゃ鋭いと思うのであります。

小さい頃から、顔色をうかがったり、空気読んだり、
言葉の裏を勘ぐったり、そういうの、敏感。

だから、何がってわけじゃないけど。
今日もたぶん、私の勘は当たってるような気がするんだよね。

いや、別に、何がってわけじゃないんですよ。
ただ、なんとなく なんとなくな、予感というか。


明日も仕事なので、さっさと寝よう。
[PR]
by saya-bon | 2010-07-04 00:22 | 思うコトなどを。