思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

THE SMILE COUNCIL@DRUM Be-1

11月3日(金)、行ってきました!
堂島孝平×Hi-Tension Please!の、”スマイルカウンシル”ツアー。

期待通り、いや、期待以上にキラッキラした、楽しい時間でした。
魔法にかかったみたいに、幸せな時間でした。

みんなが笑顔で、本当にステキなライブだったなー。

堂島さんのライブは、一度経験しちゃうと、ヤミツキになってしまうからすごい。
ホントもう、絶対オススメです。
自信持って、オススメします。

大好きだー(笑)

ふふ。ではでは、3日の記憶、思い出せる範囲で、振り返ってみます。






今回のドウジマライブは、職場のいっこ上の先輩と一緒に行きました。

彼女とは、じつは二人でどこかに行くっていうこと自体、初めてで、
それだけで、軽く緊張だったんだけど。
いろいろと、恋の話や仕事の話が話せて、よかったかな。

天神に着いて、駐車場に車を置いて、大丸に行ってみました。
自分が普段買い物するときは、大丸とか三越なんて、
ウロウロするだけで終わっちゃうから、
人の買い物に付き合うのも、たまには人生勉強として、必要だね。
高級な雰囲気が、免疫ついてないから、居心地悪くて仕方なかった(笑)

唯一ほっとできるアフタヌーンティーで、雑貨を見て落ち着きを取り戻しました。
かわいい服を見つけたけど、お金ないから、今回は見送り。

そうそう、大丸には、この時期、クリスマスツリーが飾られるんだけど、
ちょうど、3日の日、17時から、ツリーの点灯式があるようになってて。
点灯式なんて初めてだから、見てみたいってことになって、
ライブの開場が17時半からだったけど、見て行くことにしました。

点灯するのは、その日に結婚式を挙げた、一組のおめでたいカップルで、
なんと、白馬の馬車で登場。
いいな、いいな。
幸せいっぱいで、華やかにあたしたちの前を通って行きました。
でも、正直、馬の大きさの方がびっくりで、馬ばっかり見てしまったけど(笑)

ツリー、ものすごくキレイでしたよー。

ひとしきり感動したあと、急いでBe-1まで、早足で頑張りました。
入場始まってて、100番台の人がすでに入ってたから、
今回はあんまりいい位置に行けないかなーって思ってたけど、
意外と前の方、空いててね。
あれよあれよとしてたらば、なんか前から二列目ぐらいまで行けちゃいました。

一緒に行った彼女も、大喜び。
こんな前の方で楽しめて、いいと?いいと?と、かなりの興奮具合でした。

でも、あたしもじつはかなりの大興奮。
だってね、シュンちゃんのまん前でしょ?
コマっちゃんも、よく見えそうな位置だし。
堂島さんのお立ち台も、すぐそこにある!!
始まる前から、どこ見ていいのか分かんないぐらい、いいポジション。

何度深呼吸して、心、落ち着かせたことか(笑)

いよいよ、スタートです。
堂島さんが出てきた瞬間、キャーかっこいい!ではなく、
あはは。と、本気笑いをしてしまった自分が、ちょっと嫌だった(笑)
でも、だってね。
年々、オーラが芸人さんぽくなってるのは、何で?って感じなの。

そのかわりと言ってはなんだけど。
シュンちゃんが出てきたときには、鼻血が出そうやった(笑)
ち、近い・・・かっこいい!!
コマっちゃんの姿も、よく見えるよー。相変わらず、かっこいい。やっほーい!!

もうねぇ、あたし、堂島さんのライブでの目的は、主役よりも、
シュンちゃんとコマっちゃんですからね。ホントごめんなさい。

しかし、今回は堂島さんに釘付けでした。
もう、何度も足しげく通ってきた、アニキのライブですけど。
久しぶりに、アニキの姿ばかりに、視線を送り続けてしまいました。

かわいくてかっこよくて、ホントにステキ。
楽しそうで何より。
せまっこいステージの上を、端から端まで、いっぱい動き回って、
全身で、音を、歌を、メロディーを、めいっぱいの笑顔で、表現してくれて。

そんな姿を見せ付けられたら、そりゃあもう、楽しまずにはいられないよね。
一緒に行った先輩を、最初の方は、どんなかな?
ってちょこちょこと、気遣ってみたけどね。
ムリ、人のことにかまってる暇はない(笑)
前だけに集中して、踊りまくりました。あはは、だってもったいないもーん。
でも、横の雰囲気から察するに、先輩もノリノリで踊ってたっぽい。
よかったよかった。

堂島さんのトークも、相変わらずキレキレでおもしろかった。
病院にまつわるエピソードが多かった。

シュンちゃんの、日頃から顔色悪いっていうのも、おもしろかった。
タバコの吸い過ぎで、喉から血が出たっていう話に、
コマっちゃんが「たまにあるよねー」って発言したってのも、おもしろかった。

タツさんが、いつもよりもたくさん喋ったのが、嬉しかった。

ヤツハシさんのギャル風なノリも(両手ピースしてイエーイっていう感じ)最高。
このノリ、さっそくあたしと先輩、いただきました(笑)
堂島さんが、ヤツハシさんのこと「やっちゃんよっちゃん」って言ったのも爆笑。

さほっち(キーボードの寺尾さん)の歌も、好きな感じ。

コマっちゃんのドラムを、シュンちゃんとヤツハシさんと、
コマっちゃんとアニキの4人で、ワイワイと叩く姿も、微笑ましかった。
お兄さんたち、はしゃぎすぎ(笑)

あと、恒例の、バック転もやってくれちゃった。嬉しい。

いろいろ、楽しい出来事たくさんあったけど、詳しく書けない・・・
あんまり楽しすぎて、笑いっぱなしで、
顔の筋肉が痛かったことしか、思い出せない。ごめんなさい。

ダンスコーナー?みたいのがあって、それぞれ踊ってくれたんだけど、
コマっちゃんの踊り、最高におかしかった。
何、あのイッチャッタヒト、みたいな顔は・・・!!
最高、大好き。
ドラム叩いてるときは、ホントかっこいいんだよ。間違いなく、二枚目さんだよ。
でも、何かやらせると、とたんにおバカっぽくなるのは、何で?
ああ、そんなコマツシゲルが大好きです。

楽しすぎて、あれもこれもってなって、うまく記事が書けない・・・

一番好きな『センチメンタル・シティ・ロマンス』が、
スマカンのテーマ(っていうのか?)を歌った後の一発目で歌ってくれて、
それだけでもう、幸せ絶頂。早すぎ?(笑)

シュンドウコーナーでやってくれた『ノーベンバー』は、
涙が出た。それぐらいしっとりと、グッとくるステキな演奏だった。

『25才』は、とっくの昔に通り過ぎたけど、気持ちが痛いほど分かって、
やっぱりいつまでも大好きな曲だと思った。

『45℃』は、会場中がホントに45℃なんじゃないか?ってぐらい、
アツクアツク盛り上がった。みんな楽しそうに踊りまくる。

『サンキューミュージック』は、あたしのココロの応援歌ですから、
上位に入る名曲ですから、そりゃもう、じっくり聴いた。

アンコールの演奏が終わって、これで全部終わりか?と思ったら、
堂島さん、ニヤって笑って、「もう一曲、やる?」なんて言ってくれたから、
さあ大変。
もーう、なんてステキなヒトなんだ。
なんてかっこいいんだ。
『あとからおいで』(だったかな?あいまい・・・)をやってくれました。
はあ~、満足。

どの曲も、キラキラしてて、まぶしいぐらいだった。
堂島さんも、しきりに「俺、最高!!俺、最高!!最高、オレ!!」
って叫んでたね。ホント、あなたは最高です。認めます。

アンコールのとき、喋りながら、サイン書いてるし(笑)
けっこう長く喋ってて、トータルでどれぐらい喋った?
こんなにサービス精神旺盛で、いいわけ?
出し惜しみしても、いいんだよ?(笑)

終わって、時間見てびっくり。
20時半、過ぎてました。
18時から始まったよね?二時間半以上、楽しませてくれたんだ~。
ありがとう、いつもいつも、幸せな時間をありがとう。

先輩も、めっちゃ楽しかった~って言ってくれました。
好きになってくれて、嬉しいです。ふふ、さすがアニキだね。

グッズは、コマっちゃんとシュンちゃんがアンコールのときに着てた、
黒とパープルのボーダーロンTと、男塾の本を買いました。
さっそく、昨日の出勤のとき、先輩とおそろで着てきました(笑)
「お疲れイエーイ」って、ヤツハシさん風であいさつきめました。

ホントにホントに、ステキなライブでした。
あっというまの二時間半でした。
終わるのがせつなかった。

笑いには、いろんな笑いがあって、愛想笑いとか作り笑いとか、
したくない笑いもあるけど、人間だからやらなきゃいけないこともある。
だからこそ、日常に、ちょっとでも楽しいこと見つけて、
笑顔になれたら、人生もっと楽しくなれるよね。
みたいなことを、言ってたような、気がする。

いいこと言ってくれますね。さすがだね。

堂島孝平、本当にいい男です。
大好きです。


よろしければ、クリックお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by saya-bon | 2006-11-05 15:49 | 堂島孝平