思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

艶ロック。

けして忘れてたわけじゃ、ないんです。
ただ。
とりかかるのが、遅いだけなんです。


3月9日(日)、椿屋四重奏・中田くんのインストアライブに行ってきました。
そのこと書きます。

・・・いまさらかよ というツッコミはなし、で(笑)


椿屋さん、ライブは行ったことないけど、
昔そこそこ好きで、CDけっこう聴いてました。
けど、最近はまったくで。

そしたら、インストアライブがあるっていうから。
中田くん見たい!って思ったから。
思わずアルバム買ってました。

きっかけなんて、単純なんです。勢いです。


インストアライブ、本当は、2月24日にある予定でした。
けど、北海道がものすごい大雪で、飛行機飛ばなくなったらしく、
九州には来れませんってことになり・・・延期。

そのとき、その情報を知らなかった人たちも多くて、
見に来てた人、けっこういたなぁ。
そんなあたしも、全然知らなかったうちの一人(^^;


さて、そんなこんなで、ようやく3月9日。

整理番号もさほどよくなかったので(ちなみに、100番以降でした)、
それなりの時間にタワレコに行きました。
そしたら、イベントスペースのまわり、すごい人!!

着物来てる人、いました。
びっくりしました。

すごい人気だなー。と、他人事の顔して、諦めようかと思ったけど。
いやいや、自分も参加するでしょーが。
と、我に返って、その人ごみの中に身を投じました(笑)←おおげさ


時間になって、中田くん登場。

初めての、中田くん。

うん、ほとんど姿は見えなかったよ。。。
分かってたから、いいんだけどね、別に。



やってくれた曲。たぶん、

紫陽花
不時着
小春日和
螺旋階段
アンブレラ(新曲?)
十色の風
ジャーニー


ファンに、何をやってほしい?みたいなこと聞いて、
誰かが「あじさい!」って言ったら、本当に『紫陽花』やってくれました。

初めての、中田くん。

いい歌声してます。
姿は見えません、あいかわらず。

で、三曲目。
イントロ聴いて、ひゃー!と心躍る。
大好きな大好きな、『小春日和』です。

これだけで、あたし来てよかったなぁと、大満足でした。

「移りゆく季節に 身を任せながら
笑い泣く君が 僕には欠かせないのさ
長い髪を風に なびかせ佇む
落ちかけた日差しに溶けた 君が儚いんだ」

の、きみがはかない ってのが、なんともいえない。
大好きなフレーズ。

早々と、中田くんにドキドキしてたら。

そのときだったかな?
なんと、ギターの弦が切れてしまったんです。

中田くん、もう冷や汗だらだらだったみたい。
代わりのギターもないらしく、弦が切れたまま、次の曲もやりました。
「こんなになっても、歌いきるのが、プロですから」
とかなんとか言ってたけど、やっぱり冷や汗。

どうしたもんかと、困っていた様子の中田くん。
いえ、そんな気がしただけ。だって、見えないので(笑)

そしたら、司会の人が、弦をひとっ走りして買ってきてくれましたよ。
中田くん、大喜び。

そのまま、弦の張り替えが始まりました。
人前で、ギターの弦の張り替えをするなんて、初めてです」だって。
緊張してるふうでした。

で、張り替えるの、人より時間がかかって恥ずかしいって言ってましたよ。

なんともいえない微妙な空間の中で、どうにかこうにか、ギター復活!
そうそう、弦ね、なんと二本も切れてたみたい。
張り替えてるときに、気付いてたよ。


イベントの延期に始まり、弦が切れたりしてハプニング続きだったということで。
当初の予定よりも、多く曲をやってくれました。

ありがとうございます。

最後は、握手会。

初めて生で見る中田くんは、ちっこくて、だけどとても男前でした。
手が、異様に冷たかったです(笑)


いつか、ワンマンライブも行ってみたいと思いました。
[PR]
by saya-bon | 2008-03-30 17:46 | 音楽アレコレ。