思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ケモノと魔法がとびかうツアー 管と弦とバンド!@都久志会館

ごめんなさい。
最初に謝っておきますね。

6月29日(日)のおはなしです。   ・・・おそっ!!(苦笑)

クラムボンのボーカル、原田郁子さんの、ライブの感想です。



あれですよ、これは自己満足のための、感想文なので。
誰にも読んでもらわなくても、全然平気ですからね。

ていうか、むしろ抜かしていただきたい。ここはひとつ(笑)

まあ、読んでくださるのであれば、さらっとお願いします。



都久志会館は、初めて行く会場。
だけど、道に迷うこともなく、すんなり到着。

郁子ちゃんみたいな、ふわふわな女子が、たくさんいましたよー
みんな、かわいい。


おなかが空いていたので、時間ギリギリまで、
ロビーのところでパンをむしゃむしゃ食べながら、人間観察。

けっこう男性もいらっしゃるんですねー 
カップルさんも多かった。


中に入ると、ステージがとても近くて、ワクワクしました。
郁子ちゃんが弾くピアノを見て、さらにワクワク。

なんかね、ちっちゃいお人形とかが、ピアノの足元に置いてあったりして、
そういう演出が、かわいらしい。


郁子ちゃんは、黄色っぽいさらっとしたワンピースを着て登場。
髪に羽根をつけて、かわいかったー 妖精みたい。
ホントにホントに、かわいかったです。


セットリストは、まったく覚えてません。すみません。。。

最初は、郁子ちゃんのピアノの弾き語り。
靴を脱いで、裸足になって、演奏しました。

シーンとしたホールに、ピアノのきれいな音と、伸びやかな声が響きます。
すごく、うっとりしました。心地いい。


一曲?二曲?演奏したあと、「ケモノを呼びます」と言って出てきたのは、
Polarisのオオヤユウスケさん。

二人、ハグしてたのが、とてもかわいらしかったです。
あー、なんだかとても、いい雰囲気。

二人でまた、何曲かして。phonoliteの登場。

音がたくさんになって、またさらに、ステキな演奏が続きます。


とにかくね、みなさんとても、楽しそうに演奏してるんです。
音が弾みます。
体が自然に、揺れます。



かろうじて、覚えてること。
地元福岡ってこともあって、「いくばい」とか、
時々、方言使ってくれたりしました。
もうね、そういうのも、いちいちかわいいの♪
大好きです。


シーンとしたときに、郁子ちゃんが、拍手を一つ「パン!」と打つ。
「音がよく響くホールだねー」って。
そして、みんなも音をはみ出していいよって。
観客に、自由に拍手させました。

みんな、自由に「パン!」「パン!」って、手を叩く。
音が響く。

それを見て、郁子ちゃんが楽しそうに笑ってました。
みんな楽しそうでした。


『かじき釣り』、かわいくって楽しい曲。
みんなで体を揺らしながら、手を叩きながら、一緒に歌いながら、
いっぱい弾んでました。


すごくいいライブでした。
なんていうのかなぁ、優しくて、居心地がすごくよくて、
目を瞑ったら眠ってしまいそうになるくらい、
こう、うっとりとした雰囲気っていうのかな。
そういう、ほわほわっとした空気がたくさんのライブ。

いや、もちろん、緊張感もいっぱいあったんだよー
音が鳴る瞬間とか、一曲終わったあとの、シーンとする瞬間とか。

でも、それもなんか、居心地がいいっていうか。


楽しかったです。
帰り道も、ずっと弾んでました。


郁子ちゃん、ステキなライブ、ありがとうございました。



ホントすみませんねー、こんな感想しか言えなくて。。。
[PR]
by saya-bon | 2008-08-14 18:47 | 音楽アレコレ。