人気ブログランキング |

思うことを、のんびり、好きなように語ります。


by saya-bon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2008 SUMMER TOUR COMMUNICATIONS-ハンネの不思議な旅-@Gate's7

遅くなりました。
8月20日(水)、堂島孝平さんのライブに行ってきました。


「おれふたり+まいなす」以来、二度目の会場。
中洲にあります。
ビルの7階にあります。
地下鉄に乗って、行きました。天神からたった一駅。中洲川端駅。


時間ギリギリに着くと、ちょうど並び始めたところでした。
女子ばっかりだ。

わりと整理番号がよかったので、今回も前の方に座れました。


そうなんです、座りライブだったんです。


前回のライブのときは、前にテーブル席があって、
その後ろが立見って感じでしたが。

今回は、前の方から数列、パイプ椅子が並べてあって、
その後ろに、テーブル席がセッティングされてました。

3列目の真ん中らへんに座りました。

いい場所!って思ったら、前の人が大きくて、思いのほか見えづらかった(^^;
けどまあ、自分で座った場所だし、文句は言えない。

と思って、ちょうどいいスキマ(?)を逃さず、そこから眺めました(笑)


今回のツアーは、堂島さんひとりのライブ。
機材と楽器、あと、向かって右に、
テレビ(あ、モニターっていうの?)が設置されてました。


『Pretty Little Dino』が流れて、派手(?)に堂島さんの登場!!

派手っていっても、両手広げて、ジャーンって出てきただけだけど(笑)
だって、本人が、「派手な登場でごめんなさいねー」って言ってたんだもんよー

例の黒い帽子に、白のシャツにネクタイ。
そんで、黒の膝丈パンツに、黒の靴。素足(笑)

いやはや。
毎度思うんですが、堂島さんって、キメてるのかハズしてるのか、
いまいちつかめません。でも、あの笑顔を見ると、何でもいいって思っちゃう(笑)



えーっと、いちお、セットリストです。
自分で覚えてた分、せいいっぱい。間違ってるかもしれませんので。
もしご存知の方いたら、訂正お願いします。

So She,So I
PLAY THE MUSIC
UZUmatic City
ユニルヴァーナ海岸
Flower Universe
だまって俺についてこい
新曲
おかしなはなし
旅人のうた
いとしのフリージア
君に会えた奇跡
Halo Glow
HAVE A NICE WAY!


曲数足りてないかも。順番違ったかも。ま、いっか。


例によって、ものすごくトークが冴えてました(笑)
自分でも、ニコニコで「今日もよく喋ったね!!」って満足してましたもん。

覚えてるMCつらつらと。

一曲目が終わって。
シャツの裾をお尻に敷いて座ってしまったため、
歌うときに首がしまって、ワンコーラス終わるまで、正直歌どころじゃなかった!
とのこと(笑)
えー?せっかくいい歌だったのに~!!


事務所でたまたま一緒に居合わせたときの、大森さんの話。
大森さんじゃない、誰か別の人のスケジュール調整をしてて、
その人が、「その日は記念日なんで、スケジュールずらして下さい」って言ったら、
大森さんも、「俺もその日は記念日だからずらして下さい。終戦記念日!」って。

「大森さん、いつ開戦したの?って話だよねぇ(笑)」って、
堂島さんのその返しもどうよ?(笑)


ひとりライブなので、メンバー紹介とかないんだけど。
楽器や機材を、擬人化して、紹介してくれました。
で、堂島さんのななめ後ろにあったテレビに向かって、
「ミツビシくんです!!」
・・・テレビがね、三菱だったんで(笑)

このテレビで、今回は音に合わせて、映像を流してくれました。
新しい試み。

なのに、堂島さんてば、「映像もいいけど、こっち(オレ)も見て下さいね」って。
だったら、映像流さなきゃいいじゃない(笑)

他の会場は、スクリーンとかで映像を流してて、
ここも一応スクリーンあったんだけど、
どこにあるかって、ステージとフロアの間にあるんだって。

てことはだよ、スクリーンを下ろすと、
スクリーンの後ろで、堂島さんが歌うことになるわけで。

それじゃ、おれ、見えねーじゃん!誰のライブか分からないよね!!(笑)
いやまあ、それもアリかもしれないけど・・・今回は、モニターで!!
また何かの機会に、そういうのもいいかもしれませんねって爆笑してました。


ミツビシくんじゃなくて、どれだったかなぁ?とにかく、何かの楽器に対して、
「~してやって下さい!」って紹介したあと、さすがに苦笑いしながら、
「どんだけ擬人化なんだよ・・・」ってつぶやいてました。
鉄琴たたく姿とか、かわいらしかったです。

「いつのことだか~思い出してごらん」とか、キンコンたたいてくれました。
一番いいところで、思いっきり間違ってました。


キンキキッズのテレビCMの撮影秘話なんかを話してくれました。
秘話っつうか、キンキのPVなのに、楽団目立ちすぎとか。そんな話。
30秒CMのやつ、北原さんが最後、見切れてる顔が、すごくおもしろいらしく、
それ見ただけで、やってよかった!って言ってましたよ。
それ話しながら、本気で笑ってましたもん。

あたしは残念ながら、CM、一度も見てませんが、どうだったんでしょ?
そんなにおもしろい顔やったんかなぁ?


福岡の次の日は、長崎でライブがあって。
そのライブ会場が、旧香港上海銀行長崎支店記念館ってところで。
名前が長くて、言いづらそうでした。
しまいにはもう、「旧銀行」って、思いっきりはしょってたもんねー(笑)

その日もそこは、夕方までしっかり営業(観光名所らしいですよ)やってたんで、
その後からのライブなので、リハはほとんどなしで、ライブに臨みます!
どんなライブになるか、想像もつかないっておっしゃっておりました。

いいねぇ、そういうライブも。楽しそうで♪


一日あけて、熊本玉名でのライブの日は、高校時代好きだった子の誕生日で、
完全に失恋気分でやります!泣きながらライブします!って言ってた(笑)

その一日空いた日は、ホントは移動日で、
熊本城とか行く予定だったらしいんだけど。
城壁のてっぺんまで登りつめてやろう!ぐらいの勢いで、
観光気分満々だったらしいけど。

キンキといっしょに、タモリックステーションに出演することになったので、
たった2分ちょっとのために、東京戻ります!と、なんやかんやで嬉しそうでした。


さっきも言ったけど、自分でも喋りすぎって自覚してるところが、愛らしい。
なんでも、ギターの上に手を乗っけると、やばいんだって。
この姿勢になると、ダメだね。って言ってました。


ほんと・・・なんかライブのレポっつうか、漫談レポになっとるし(笑)


曲の感想も、ちゃんとね。

『PLAY THE MUSIC』の、ギターの音がどんどん重なっていく感じ、
すごく圧倒されました。
鳥肌たった。かっこよかった。

一人での演奏だけど、ものすごく分厚い音になって、機材の技術ってすごいねー

堂島さんのギターを弾くときの、うつむいた顔がね。
よかったんだよー。好きなことに夢中になってる顔が、
なんか無防備で、あどけなくって。

かれこれ何年も堂島さんファンですが。
初めて、本気でかっこいいって思ったかもしれない(笑)←失礼じゃないの?

いやー、ドキドキしました。
好きなことに没頭してる男子の顔って、ステキですね。


『だまって俺についてこい』は、アンタッチャブル柴田さんに書いた曲。
堂島さんバージョン、初めて聴いたかも。
男らしいイメージで作ったって。言うなれば、小林旭みたいな。だそうで。


新曲は、各地でその土地の名前なんかを歌ってくれるらしいんやけど。
福岡は、どうしよっかーって話になって。
「ここって中洲?川端?かわばた~って歌ってもなぁ、、、
ケミストリーの応援してるみたいだし!!」ってなって、
結局、何て歌ったんだろう?Gate's7とか、キャナルシティとか歌った気がする。


『いとしのフリージア』はね、なんか、歌詞がもうねー
そのときの気持ちと、妙にしっくりきちゃって。
自然と涙が出てきてしまった。 いい曲だなぁ。


アンコール、最後の曲は、「座ってばっかじゃ、腰痛いよね?立つ?」
みんな、わー!!ってなって、立ちました。
立つと落ち着くのは、なぜだろう・・・(笑)
楽しかったです。



堂島さんの歌う曲は、どれもこれも、とても優しい。
とても優しくて、心地いい。


いっぱい笑って、いっぱい癒されました。


あとまだいっぱい、楽しいおしゃべりあったんだけど、
笑いすぎて、おなかいっぱいで、これ以上は思い出せませんでした。


というわけで、漫談レポは以上です。



帰り、地下に行ったらすぐ地下鉄やったのに。
エレベーター、間違って一階で下りてしまったので。

歩いて天神まで帰ろうかなって、外に出て歩き始めたんやけど・・・

夜の中洲、一人で歩くもんじゃありません。

週の真ん中なのに、よっぱらったサラリーマンがうようよいて、
きれいなお姉さんも、たくさんいて、
ちょっとコワモテなお兄さんも、いっぱいいて。

こ、こわい・・・


途中まで歩いて行ってたけど、はたしてその道が合ってるかもナゾ。
どこに行き着くか、ホントに怖くなったので、
いそいそと引き返して、おとなしく地下鉄で帰りました。

都会って、こわい・・・(笑)


なにはともあれ。
堂島さん、ステキなライブ、ありがとうございました!
by saya-bon | 2008-09-03 01:03 | 堂島孝平